Welcome

よい習慣は才能を超える(ブログ)

2018-06-23 08:39:00

タイトルが見た目にキャッチーなビジネス本を読んで、能力開発のカギはこれだぁ!と思っている方。おめでたいです。ウケように作られたビジネス本は、ターゲットのセグメントを広く設定して作られている。読者にわかりにくい!と酷評されるのが嫌だからね。読んだその場は爽快でしょう。でもその切り口だけ?ってのは少なくないですね。リアルに経営のことを考え出すとね。

 

〇〇堂とかの奥にある「つまらない字ばっかり」のは、リアルに役に立つけど、店頭で平置きされません。広い読者層からしたら、タイトルもつまらないし、読んでも難し過ぎて、途中で飽きちゃう。そんなもの誰も買わないですよ。エンドユーザーに近い本屋さんの身にもなってみて下さい。

 

そして、出版社は商売にならない本は出しません(キッパリ)。企画が先で、ライター用意したり、後で筆者を探すパターンは普通にあります。これ、業界では常識らしい。知らなかった。面白い。

 

天ぷら食べたい。。。