Welcome

よい習慣は才能を超える(ブログ)

2018-09-23 22:26:00

世界柔道選手権、凄いですね。毎日、恐ろしいレベルの練習を積み重ね、世界のトップ選手として技を競い合うわけです。

見ていて思うのが動きの「美しさ」ですね。技が決まった時というよりは、技に入るときの身体の動きというのが芸術的なものを感じます。何でそこからそんな投げが打てるのか?と驚くばかりです。

 

皆さんは、日々、高いレベルの研鑽ができているでしょうか。今や、かけた時間だけではなく、自らの研鑽のために質や効率も考える時代です。私も一度は世界の中心で臨床開発をやっていきたいと思ったわけですが、当時のSupervisorやメンターが「どうしてKazはそんなにリサーチ能力が高いのか?」と驚いてくれたことを思い出しました。別のプロジェクトだったのに「ちょっと他にリファレンスがないかチェックして欲しいんだけど」とお願いにきたプロジェクトのリーダーもいました(笑)

 

その嬉しかった経験を忘れることなく、日々技の切れ味に磨きをかけていきたいものです。

 

 

久しぶりの本日の一文字シリーズです。